• ホーム
  • イベント情報
  • > 3月9日、「日本・アイスランドの関係強化に向けたワークショップ」(主催:政策研究大学院大学)に、本学の林裕子特命教授が登壇します。

3月9日、「日本・アイスランドの関係強化に向けたワークショップ」(主催:政策研究大学院大学)に、本学の林裕子特命教授が登壇します。

3月9日、政策研究大学院大学で開催される「日本・アイスランドの関係強化に向けたワークショップ」に、本学の林裕子特命教授がパネリストとして登壇します。なお、林特命教授は、日本MOT振興協会「女性の活躍舞台づくり」委員会の委員や、内閣府男女共同参画推進連携会議の有識者委員も務めております。

 本ワークショップは、駐日アイスランド大使館との協力のもと開催され、アイスランド(WEF ジェンダーギャップ指数 1位)の女性議員が来日し、女性の活躍についての意見交換が行われます。

日時:2016年3月9日(水) 9:30~11:00 (9時10分受付開始)
場所:政策研究大学院大学1階 (東京都港区六本木7-22-1)
主催:政策研究大学院大学(担当:角南学長特別補佐、教授)
   ※科学技術分野で交流のある駐日アイスランド大使館との協力のもと開催いたします。
言語:英語
参加費:無料(事前登録制)

開催趣旨:

島国、漁業国、長寿国等日本とも共通点が多いアイスランドは、本年、日本との外交関係が開設されてから60周年を迎えます。また、日本では、政権の最重要課題の一つである「女性が輝く社会」を実現すべく政府主導で様々な取組がなされていますが、アイスランドもこれに国を挙げて取り組み、世界経済フォーラム(WEF)の「ジェンダーギャップ指数」調査では、2009年以降7年連続1位をキープする等、政策面で日本が学ぶべきところも多々あります。
 そこで、今般、アイスランドより外務委員会議員団が訪日される機会に、日・アイスランドの関係強化に向けてどのような分野での協力が可能なのかを探るべく、ワークショップを開催します。ワークショップでは、アイスランドにおける女性活躍推進の取組について議員団よりご紹介いただく他、幅広い視点から、関係強化の可能性について意見交換を行う予定です。

プログラム:
9:30-9:35 開会挨拶角南 篤 政策研究大学院大学教授、学長特別補佐
9:35-9:50 話題提供:アイスランドにおける女性活躍等推進の取組紹介
      ハンナ・ビルナ・クリスチャンスドッティル議員 外務委員会議員団団長
9:50-10:00 日本側からのコメント(日本における女性活躍に向けた取組紹介)
      上川陽子 衆議院議員・前法務大臣(予定)
10:00-11:00 意見交換、Q&A
      <パネリスト>
       ハンナ・ビルナ・クリスチャンスドッティル議員
       スィリヤ・デッグ・グンナルスドッティル
       ヴィルヒャルムル・ビャルナソン議員
       ステイヌン・ソーラ・アルナドッティル議員
       オッタル・プロッペ議員
       上川陽子 衆議院議員・前法務大臣(予定)
       志野光子 外務省アイスランド駐箚特命全権大使(予定)
       林裕子  山口大学大学院技術経営研究科教授(特命)、
            政策研究大学院大学客員研究員
      <モデレーター>
       角南 篤 教授
11:00    閉会


▼詳細はこちらからご確認ください。
ワークショップ詳細ページ(政策研究大学院大学)

2016年3月 2日